top of page

180年前のオークを指輪に閉じ込める。Rovere negli anelli per anniversario.

10年目の結婚記念日と言えば、スイ-トテンなんとか…など昔は素敵な文句がありましたよね。

もっと何かロマンチックな何かを期待していたのですが、当日はピカピカのお天気の中

朝から庭の芝を刈り、耕運機で畑を耕し、野菜の種や苗を植えて疲れ切ってしまいました。

そんな中でも 3か月くらい前から計画していたのが 10年目の指輪。

夫は仕事の都合上、結婚当初から指輪をしていなかったのですが

彼が言い出しっぺで この計画が始まりました。

インスタやFBを見てくださってる方はご存じの通り 私はスイ-トテンなんとかのような

ピカピカキラキラの大きな石に興味はありません。


なにか私たちらしい オリジナルの何か見つかるといいな…と探していたところ

目に留まったこのサイト スペインのバルセロナで3人のジュエリーアーティストの

手によって生まれる 指輪に木や砂などを閉じ込めて仕上げるというもの。

もちろんラボラトリ-で用意してある素材もあるのだけれど

自分たちの思い出の場所の木や砂、大切な人やペットを亡くした方の為の遺灰を

指輪に込めて身に着けて側に居ることもできるそう。


gnamognamoの家を28年前に改築した際のオーク柱材があるじゃないか!

と思いついたら 気持ちが踊り始める。

私たちが生きてきたカケラを指輪に閉じ込めてもらおう!

そこから 準備開始です。

木目の美しい180年前のオークを 早速指定通りの大きさにカットし 郵送。

3週間でバルセロナに到着し そこから制作期間1か月。

出来上がって郵送 3週間でgnamognamoに到着。


小さな箱を開けて 歓喜の声!(私の)

木目が本当に美しくて ピカピカキラキラの石に負けないくらい 

世界に2つだけのオリジナル。


Sono molto originali, particolari e speciali.

Il nostro rovere della trave di casa nel anelli.




私たちが生きてきたカケラ これからも生きていくカケラ。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


記事: Blog2_Post
bottom of page